ノニってなに?
ノニ果実6000年の歴史と伝統サイドバナー
インドネシア産ノニ果実を科学が証明した圧倒的栄養素 主要成分スコポレチンがNo1
現地インドネシアの搾汁工場は食品安全世界基準HACCP認証サイドバナー
お客さまから頂いた
良く頂くご質問Q&A
インドネシア産オーガニックノニジュースの大きな違い
スマートフォンサイトはこちら
初回限定全額返金保証付き‘おかげsama企画’サイドバナー
2ヶ月に1度のペースでお届けするコース
通常商品はこちらから
ご注文完了までの流れ
オーガニックノニジュースの
ご注文完了までの流れ

「ネットでのご注文は苦手!」とい
う方はこちらをご確認ください。オーガニックノニジュースをご注文される場合の進み方を、画面を使ってご説明をさせて頂いております。ぜひ、ご活用ください。

FAX専用ページはこちらから
オーガニックノニジュースを
FAXでご注文される場合

FAX用紙をプリントアウトして
ご使用下さい。

ご利用ガイド

会員さまログインはこちらから

会員さまログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

 オーガニックノニジュースはココが違う! 食品安全世界基準HACCP認証 インドネシア産オーガニックノニジュースの安全性は世界基準です!

ノニジュースの最高傑作!! 【ノニ原液ジュースの専門店SamaSama倶楽部】

 食品安全世界基準HACCP認証

 食品安全世界基準HACCP認証マーク 食品安全世界基準HACCP認証とは、NASA(アメリカ航空宇宙局)
でも採用されている食品を安全に管理する為の世界基準です。
世界的に採用されており、WHO世界保健機関・FAO国連農業機関など
でも各国に推薦されている食品安全世界基準です。 

 ノニジュース搾汁機
 ノニジュース滅菌機

 HACCP認証証明書 現地インドネシアにある
ノニジュース搾什工場<PT Morindo International社>で
製造している
インドネシア産オーガニックノニジュースは、
食品安全世界基準HACCP認証を取得した工場にて厳重に
管理され製造されています。

また、国内外の大学・研究機関との共同研究により、
ノニの秘めた有用性を確認する為、日々研究が
おこなわれています。

食品に含まれる残留農薬検査ポジティブリストを採用し325項目もある、すべての残留農薬を検査しています。
現地インドネシアのノニ果実からはもちろん
残留農薬325項目すべてが検出されていない事が証明されています。
 ちなみに残留農薬検査には2種類の検査があり 、特定の残留農薬「残留してはならない農薬」を検査するネガティブリストと、すべての残留農薬を検査するポジティブリストがあります。 

もともとインドネシアのノニ農園には農薬や化学肥料を必要としないノニ果実の原種ならではの環境が整っています。
インドネシアは、世界有数の動植物多様性国家であり、世界の熱帯雨林の約10%がインドネシアに残されています。
 農薬・化学汚染・放射能などの心配の要らない自然豊かな国ならではなのかも知れません。

 オーガニックを超えた野生種オーガニックノニ果実

一般的にオーガニックといっても、
認められた肥料・農薬のうちであれば使用が認められているのが
オーガニック認証です。

しかし、インドネシアのノニ農園のノニ果実は、
自らがたくましく自生している野生種ノニ果実です。
もともと人の手を必要とせず、自らたくましく育ち続けています。
これが野生種のエネルギーとして他の産地のものと比べても、
群を抜いて栄養価が高い証だと言えます。


 オーガニック認証とは安心安全な食品の為の履歴書です。

 インドネシアは世界有数の動植物多様性国家なんです。 世界有数の動植物多様性国家インドネシア

インドネシアは赤道直下の島国です。
約17,000~なるし記事まで出来ています。490にも及ぶ民族が集団で暮らしており、それぞれが多様な民族文化を継承し、美しい自然と動植物の存続に貢献してきました。世界でも野生のオランウータンが生殖できる地域は限られていますが、インドネシアもその一つに挙げられています。そんな自然豊かなインドネシアは世界有数の動植物多様性国家なのです。

 国内の有機JAS認定工場でボトル充填を行っています

 インドネシアより名古屋港へ郵送されます インドネシアにて
オーガニック認証を取得した
ノニ果実のみを使用し、
現地HACCP認証取得工場で搾什し
日本に輸送します。
その後、約1週間かけて
名古屋港に入港します

 有機JAS認定工場証明書
 有機JAS認証とは?

日本国内でオーガニック・有機JASもしくは、無農薬・無化学肥料などと表示する為には
現地にてオーガニック認証を取得した認定工場で製造しなければならない事になっています。
それで初めてオーガニック・有機JAS認証・もしくは、無農薬・無化学肥料などという表示が可能となり、認められています。